伝統のフレンチトースト

東京行きで
かねてから企んでいたホテルオークラで「伝統のフレンチトースト」を食べた。

サラダは普通にサラダなんですけど・・・
近くの席には和服の婦人とかセレブ臭の漂う方々が居て
写真撮ると、シャッター音が激しく気になります(゜ー゜;A

ちなみに、サラダには苦手な生トマトとキュウリが入っていました。

席に着いてから、食べるまで焼き上がりを15分待って
ようやくサーブされたフレンチトースト
見た目は厚焼きの卵焼き風。

甘~いバターの香りがしたので
最初は何もつけないで食べる。

なかは、アツアツで優しい風味が口に広がる感じ?
オイルのしつこさは全く感じられず意外にアッサリしている

うぁ、美味しい・・・

食感は、ベークドのチーズケーキとプリンの間の感じ
好みでということで出された
メープルシロップや
好みでバターをつけても
互いがジャマをしないとでも表現すればいいのか?
料理の感想て難しいもんで(笑)

いや、ふつうに美味しかったです。
ヘヴィな朝食なイメージはあった割りに、胃腸にもたれる感じも全く無かったし。

そうそう、お料理を運んでくれた、お兄さんが
踊る大走査線の時の筧さんみたいな感じでピシッと されててカッコよかったです(笑)

次に、また機会があったら
「伝統のローストビーフ」とやらを食べてみたいです(*^-^)

ホテルのBARに行ったワケではなく
単に、コンビニで買ってきた、氷と神の河をテーブルにのせただけです
いちいち絵になるよねぇ~

いろんな口コミを見て、近頃はどうなの?と思っていたけど
ホテルオークラはやはりホテルオークラでした。

ちなみに・・・ホテルの入り口が分からず
オークラの周りを半周以上したのはナイショ(笑)

ちーたんはお留守番でした。

居て当然の人が居ないと
寂しいのかしら・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です