MT4.12>>4.21UPDATE覚書

  • MT4.21をdownloadする
  • downloadしたファイルMT4_21-ja.zipを展開する
  • サーバーに新しいディレクトリを作成する
  • 新しく作成したディレクトリに展開したファイルをuploadする
  • uploadしたファイルのCGIファイルの属性を755にする
  • mt_config.cgiを前ディレクトリのmt_config.cgi上書きコピーする。
  • mtログイン画面にアクセスする。
  • 無事に、前configデータでログインできたあと
    UPDATEがはじまりました。
    (plugin等は何も入れてなかったのでコピーは要りませんでした。)
    UPDATEが無事に終り、画面を見ると何か変・・・(笑)

    とりあえず、再構築してみても、やっぱり変・・・・(・_・;

    これで Movable Type のアップグレードは完了です。バックアップやアップグレードは Movable Type のインターフェイスを使って数回のクリックで行えます。新バージョンのアップロードや、旧バージョンからの引き継ぎも基本的にファイルの移動やコピーで済みます。

     

    インストールがうまくいかない原因の多くはアップロード作業の失敗にあります。アップロードされていないファイルやフォルダーが1個でもあると Movable Type が正常に動作しない可能性があります。特に途中でアップロードが止まってしまい、作業をやり直した場合はアップロードに失敗したファイルがないかどうか確認してください。

     

    新しいバージョンへのログインが完了したら、バージョンアップの作業は完了です。バージョン番号は、管理画面のフッタ部分で確認できます。

    ・・・・なるほど
    自分でコピーすればいいだけなのか?
    ということで、ブログデータはコピーして
    ディレクトリの属性も手で全部変えておきした。

    そして、やっと以前どおりに表示~~~ ふぅ~~~

    ☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆祝☆゜・*:.。.☆゜・*:.。.☆
    Movable Type Pro 4.21-ja

    フッターも4.21-jaに無事に・・・・・。

    感想としては・・・
     ・・・・・ちょっとめんどくさかった(笑)

    ところで、何が改善されたんでしたっけ?(ぉぃ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です